楓の魅力に負けたプロデューサーがついに・・・。